ただのひとりごと。

薔薇を持っている5人組を主に

薔薇色の日々-松島聡-を読んで。


Sexy Zone松島聡という子がいるのはご存知でしょうか?もちろんジャニオタなら知ってる方多いと思います。ファンなら尚更です。私は去年の10月にやっと知る機会があり彼の存在を認識する事が出来ました。

5人の中でも、少しおとぼけキャラ。とにかく面白いのが印象的で、なかなか前に出させてもらえないのは残念だなと思うくらいの子という認識でした。きっと彼の事を1番に応援する事は出来ないけれど、静かに応援していこうと心に決めていました。


ここで本題です。薔薇色の日々、読ませていただきました。相変わらずの長文でさすがしか言えない(笑)紅白の話から中居くんのお年玉話、それにはしゃぐふまけん(笑)勝利くんとかきっと冷静なんだろうなとか思いつつ微笑ましく読んでいました。

最後に、嵐のコンサートへ行ったお話。大野さんを褒めていただきとても嬉しく感じます。決して大野さんは多くは喋らないけど、誰をも魅了する力がある。彼にもその影響力を少なからず受けてくれたら嬉しいなと思いました。知念くんとも仲いいしね。そこで大野さんの話がもっとあればいいなとか思ったり。

嵐について、"今のSexy Zoneには足りないものが全部揃ってる"と書いてありました。でも、嵐だってその道のりは長かった。今の彼らのはまだまだ若いと思うしその可能性は充分あるんだよと言ってあげたい。

そして改めて感じる事は嵐はもう後輩に教えていく立場なのだとひしひしと感じました。Hey! Say! JUMPもそう、Sexy Zoneだってそう。嵐がいつの間にか教える立場になり、コンサートをお手本とできるものになったのだなと思いました。

嵐コンではきっと彼らはたくさんのこと学んだんだと思います。コンサートってそうやって後輩に無意識にいろんな事を教えれる場でもあるんだなと思いました。もっともっと、後輩に影響力を与えられるアイドルでいてほしい、それが今の嵐なのではないかと思いました。

でもやっぱり思うのはグループの色があるコンサートであってほしいって事ですかね。それはきっと模索してくの難しいと思うけれど、真似だけじゃ面白くない。それぞれのグループ色があってこそコンサートだと思ってるのでそんなコンサートがいつかはできる事を願っています。

あとはそうですね、やっぱり派閥とか切ないですね。嵐とSexy Zoneはテレビではあまり絡みがない。でも同じ5人という立場なら話せる事きっと多いと思うんです。派閥という枠がいつの日か消える事を願っています。そうすれば、また中居くんと大野さんの下剋上も見れますし(笑)