読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただのひとりごと。

薔薇を持っている5人組を主に

私がジャニオタに戻ってきた理由。

前回のブログから完全移行し、こちらのはてなブログさんを利用することになりました。多くの方が見ていただいていただければなあと思います。

お友だちは常に募集しています。特にとびっこのお友だちを常に募集していますのでよろしければぜひ・・・!!

 

話の本題ですが、私は去年あたりまでジャニオタと呼べるほどのものはなく、感情はほとんど薄かったです。それもそのはず、私アニオタならぬ声オタでずっと声優さんの追っかけをやっておりました(現在もその傾向がありますが)

あらしっくは長く続けておりますが、冷めていた時期でもあったのでコンサートに行くときくらいしかテンションは上がらず、番組もかかさずは見るけどそれだけ。情報は何も手にしようとかそういう活力は完全になくなっていました。

 

それで、なんのきっかけか卒業前の長い期間の休みでアイドルをずっと動画サイトで見ていたのです。たぶん精神的にこれからの将来に不安があったのか、アイドルに何かを求めていたのでしょう(笑)ハロプロももクロ、スフィア、ラブライブ・・・なぜか女性アイドルばかりみていたこの頃。三次元、二次元を行き来していたとき、ふとジャニーズはどうかと思いました。

嵐以外を好きになるなんてとずっと思っており、ほかのグループには一切手を出していなかった私。同担拒否はないものの掛け持ちに嫌悪感を抱いていた学生時代。そんなこと言っていた私ですが、NEWSのまっすーが好きだったりKAT-TUNの中丸君が好きだったりとありましたが、グループとして好きになるということはありませんでした。いざ、ほかのグループを見てみようと思ったときNEWSやKAT-TUNはたぶんグループとして好きになるということは私はないだろうと考えました。かと思えば、関ジャニ∞はどうだろうとも思いましたが、友だちからさんざん勧められたのにもかかわらず全く興味を示さなかったからないだろう。Kinki Kidsは母が好きだからよく知ってるけど何かが違う……。いろいろなグループを見てきてそれなりに知っていて、じゃあ知らないグループは?と思った時にHey! Say! JUMPを思い出しました。

この頃の私のHey! Say! JUMPのイメージは、山田が中心として活躍し人数が多いというくらいしか印象にありませんでした。それも知っていたのは、山田、知念くん、裕翔くん、八乙女くんの4人……。ほかの5人は?って感じになってました。じゃあ、見てみようと思った時番組の数の少なさや9人での活動の少なさに愕然としました。私が嵐さんが好きになる頃には、番組を2つ持ち、無茶な事をよくやらされるのを見て好きになったんですがそれすらない……。事務所がそれほど推していないのか、人数が多いから難しいのか分かりませんが、音楽番組や過去のDVDを片っ端から漁ることくらいしかできないことに残念さを覚えました。

過去すぎるものを見ても、若い頃と今ではだいぶ違うだろうと思い初めに見たのはCone on my houseのPV+メイキング。これが私の中で当たりだったのか、とにかく可愛くて仲良しなHey! Say! JUMPに心惹かれました。そして気づけば、山田よりもHey! Say! 7の子たちよりも、メイキングはHey! Say! Bestがとにかく喋る喋る。いのちゃんの存在はメイキングで知ったというくらい、面白くてインパクトも強くて。どうして有岡担になったのかと言われればまた話は長くなるのですが、とにかくあのメイキングによって私はHey! Say! JUMPをハマるきっかけになりました。


気づけば、TwitterHey! Say! JUMPの情報を毎日見る日々。私が中学生の頃はTwitterはなかったのですが、毎日のように家に帰っては嵐の番組を見て毎日のように話していたあの頃に確実に戻っていました。嵐さんによってではないですが、毎日Hey! Say! JUMPを見ては仕事でどんなことがあっても頑張ろうと思えることがとても楽しくて。どうでもいい発言に対して、これはこういう意味じゃないかと考えたり。そんな日々が今はとても楽しいです。


これだと、Hey! Say! JUMPばかりになりますが嵐さんは私の青春であり常に私のお兄さんみたいな存在でした。小学生卒業くらいの時に知ったのですが、中学で悩んだ時、高校受験の時……様々なことで彼らに助けられました。そしてたくさんのことを教えられて、たくさん文句も言って、たくさん感謝しました。母と仲良くなったのも、嵐さんのおかげだと私は思っています。1番最近救われたなっていうのは、私が就職活動で最後に内定がくるかこないかで押し潰されそうな時、アラフェスのCool&Soulをひたすら見て泣いていました。悲しいとか、辛いとかそんな感情はなく、ただ今まで好きだった記憶や嵐さんとともに成長したんだなとか勝手に思ってしまい涙が止まらなかったんです。ああ、どうしたって好きなんだなってコンサート行くたびに思ってしまう……これが私がなんだかんだ抜けれなかった理由じゃないかなと思います。


そして改めて、またジャニオタとして活動し始めて嵐さんを好きになったのとHey! Say! JUMPを好きになったので大きく違ったのは全部1人でやらなければならないということ。全て母任せだったこともあり、チケットの取り方、同行者探し、交通方法……様々なことを初めてやりました。同行者は最近興味があるという友だちと行くのですが、やはり好き同士で行きたいなという気持ちもありなんとも複雑(笑)

それでもってジャニオタに戻ってきて思うのは、みんな情報が早い!どこから仕入れてきたレベルで早いし、皆様よくメディアを見ていらっしゃる……と感心しています。私はジャンパーしか聞いていないけれど、ラジオも全部聴いてたり雑誌全て把握していたり……。はあ、素晴らしい。なんて素晴らしいんだ!と思い皆様とお友だちになりたいレベルで楽しく人生過ごしております(笑)仕事も嵐さんとじゃんぷくんのおかげでなんとか続けられております。

ジャニオタに戻ってきて、やはりアイドルは素敵だなと再確認させられました。もう少しの間、彼らを見届けていきたいです。


Hey! Say! JUMPのコンサートはJumping Carnivalは初参戦ですが今はそれが1番楽しみです。もっともっと彼らの虜になればな!と期待しながらコンサート参戦したいと思います!


では。